地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊丹市ポータル「いたみん」

ふるさと納税で日本を元気に!~伊丹市~

Smile-Yamすみれ家「焼菓子たっぷりセット」

自然のものにこだわった焼菓子です!

今まで食べたことのあるどら焼きよりも餡子がしっかりとしていて美味しく、

餡子が苦手な方にも食べていただきたい逸品です。

Smile-Yamすみれ家の人気商品は、カステラとどら焼き、さらに自家製の餡子を使った和菓子があります。

自慢の手作り餡子をはじめ、“自然素材と手作り”にこだわりながら多彩な創作和菓子にも力を入れています。

父から受け継いだ和菓子屋

 

店の大将、喜田剛(きだつよし)さんの先代のお父様が元和菓子の職人で宝塚にお店を開いていました。

それを受け継ぐことになり、別でお店を建てようと思った時に偶然、伊丹市内の現在店舗がある場所を見つけ、お店を建てることになりました。

そして、2011年11月に現在の店舗が開店。団子やお餅はもちろん、どら焼きなども販売されており、幅広い年齢層のお客様が来られます。

 

返礼品は、どら焼き、伊丹市東野産の「たみまるレモン」を使用したフィナンシェなどの焼き菓子4種類入り。

加工材料を使用せず、原材料から作りますので大量生産はできませんが、季節や仕入れによって、大将が「今日はこれ」と思ったものを作っていますので、返礼品のセットの中身の種類も大将にお任せください。

豊富な種類の和菓子が並ぶ店内。

これらの中から季節おすすめの焼き菓子を詰め合せてお届けします。

徹底した自家製へのこだわり

自家製へのこだわりをもって和菓子を製造する(焼きあがった菓子を取り出す)大将

開店当時は和菓子でも日持ちするものや見た目の美しさが好まれるようになってきた時代でした。そんな中で大将は「赤ちゃんでも安心・安全に食べられるもの」をコンセプトにして製造を行なっていました。

そのためにこだわったのが原材料。

 

例えば、お餅などに使われる米粉は原産地がばらばらのお米が混ぜられて米粉になっていることもあり、原産地が自分たちでもはっきりとわからないことに危機感を感じていました。

そこで、自身で購入したお米から、米粉を製造するという方法に変え、自家製にすることで、米粉の産地をはっきりとお客様にも伝えられるように努力してきました。どこのお米から作る米粉が最も適しているのかを研究し、一番合ったものを使用しています。

 

お餅はもち米から作っていて、そのお米のつぶつぶとした食感が特徴です。団子にも米粉が使われており、団子には蒸したときの匂いがないので米粉を使うことによってお米の香りを出しています。

 

そのほかの香りについては、香料は使わずに自然のものを生地に練りこんで香りを出しています。

桜餅の場合は、桜の葉を生地に練りこむことでさくらの香りを出すなど、人工のものは使わず、自然の物へのこだわりを徹底しています。

餡子は大将の一番のこだわり

餡子入りの生チョコもち

大将が最もこだわっているというのが餡子。

それも自家製で、さらに焼菓子と生菓子では餡子の水分を変え、お客様のお口に届く時に最良の状態になるように考えて作られています。

 

焼き菓子では焼く時に水分が減ってしまうので、すこし多めに水分を含んだ餡子を使い、反対に生菓子の場合は水分が減ることはないので、焼き菓子で使う餡子よりも少なめの水分を含んだものを使います。

 

多くの和菓子屋では、餡子は業者から購入したものを使用していますが、すみれ屋では小豆を炊いて濾して作っており、番数の異なるこし器を使って、それぞれの商品に最適な餡子を自分の手で一から作っています。

このような作業はかなりの重労働ですが、それを崩すと自分ではなくなるという職人気質の大将が熱い思いを持って毎日作っています。

 

私も実際にどら焼きを試食させていただきましたが、他のどら焼きよりも餡子がしっかりとしていて美味しく、餡子が苦手な人にもぜひお試しいただきたい逸品です。

 

下の写真は、すみれ家自慢の舌触りなめらかな白餡にホワイトチョコを練りこんだホワイトチョコ餡で、しっとり焼き上げた贅沢ブラウニーを包み、さらにホワイトチョコレートでコーティングしたチョコ生菓子です。

餡子とチョコが絶妙に合う創作チョコ生菓子

大将の和菓子への思い

熱い思いで語る大将

大将は和菓子に対する考えも語ってくれました。

若者の和菓子離れが叫ばれる現在、若者に和菓子を食べてもらうには、どのように人気を広げていくかが課題となっています。

そこで、大将は小学生から高校生までの若い世代に向けて和菓子教室を開いて、和菓子の作り方を教えるなど和菓子を知ってもらう機会を提供しています。

また、大将自身が現在作っているレシピを公開しても良いともおっしゃっていました。

自分のお店だけが儲かることよりも、日本にしかない和菓子は日本の伝統文化の一つとして、その技術を次の世代へと伝えていくことの方が大切であると考えているからです。

◆お礼の品一覧◆

 

配送方法……通常でお届けします。

保存方法……常温で保存出来ます(直射日光を避け、冷暗所で保存してください)

賞味期限……14日

 

10,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下の特産品をお送りします

焼菓子たっぷりセット

どら焼き、伊丹市東野産の「たみまるレモン」を使用したフィナンシェなどの焼き菓子4種類入り。

※セット内容は、大将にお任せください。写真はイメージです。


この記事に関するキーワード