地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

伊丹市ポータル「いたみん」

※このイベントは終了しました。

これからどうやっていこうかお悩みの、 若手制作者のためのアートマネジメント講座

これからどうやっていこうかお悩みの、 若手制作者のためのアートマネジメント講座
フランスの画家、ゴーギャンの作品に『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』という絵画がありますが、演劇活動をしていて、そんな問いかけに出会ったことはないでしょうか。「われわれはなぜ演劇をするのか 誰のための存在なのか この先どうしていくのか」。助成金申請や広報用の公演企画書を書くとき、必ずこの問答にぶちあたりませんか。はたして、胸を張って、これに答えられる創作活動や運営を私たちはしているでしょうか。悩ましいこれらの問いに対するヒントがこの4日間にあるかもしれません。「アートマネジメント? 制作?」と右も左もわからない方から、「手は尽くして、もう手段も目的も見失ってるのよ…」と途方に暮れている方まで。気軽に話を聞きに来てください。一緒に考えましょう。
カテゴリ講演、シンポジウム
開催日2017年10月16日(月), 10月30日(月), 11月13日(月), 11月27日(月)
各回19:00~21:00 ※終了時間は予定
開催場所伊丹市立演劇ホール AI・HALL
兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号
料金全回受講 4,000円、単発受講(第1・2・3回) 各1,500円
※全回受講の方は、初回時に受講料をお支払いください。
※第4回のみの受講はできません。
イベントの公式URL(PC)http://www.aihall.com/art_management_h29/
第1回(10月16日)「関西小劇場クロニクル ~演劇制作の変遷~」

80年代から現在までの演劇を取り巻く状況と舞台制作の職務の変遷を軸に、これからのアートマネジメントの方向性について考える。

講師|津村卓(一般財団法人地域創造プロデューサー・サントミューゼ館長兼チーフプロデューサー)
岩崎正裕(アイホールディレクター、劇団太陽族代表)
山口英樹(アイホール館長)
第2回(10月30日)「ヨーロッパ企画の歩み/ままごとの歩み ~われわれの来し方行く末~」

従来の劇団やユニット運営の幅を大きく広げ、多角的なマネジメントを志向するプロデューサーお二人を迎え、実践例を振り返り、オルタナティブなカンパニー運営の在り方を学ぶ。

講師|吉田和睦((株)オポス代表取締役、ヨーロッパ企画プロデューサー)
宮永琢生(一般社団法人mamagoto理事、ままごとプロデューサー)
聞き手|岩崎正裕
第3回(11月13日)「最前線はどうなっているの? ~東京演劇制作事情~」

岩井秀人率いるハイバイなどの制作を担当する会社「quinada(キナダ)」代表の三好佐智子氏を招き、これまでの実績や法人を立ち上げた経緯などを振り返ると共に、現在の舞台芸術をめぐる情勢を伺う。

講師|三好佐智子(quinada代表、ハイバイ制作)
第4回(11月27日)「制作円卓会議」

講座の総括として、今までのケーススタディをもとに、受講者同士でディスカッションを行い、これからのアートマネジメントや制作業務について考える。

進行|岩崎正裕、尾崎雅久(尾崎商店)
対象制作者、劇場運営者、劇団制作などに携わっている方
定員各回25人(全回受講者優先・先着順)
申込〆切各講座の5日前まで
※全回受講の〆切は10月11日(水)
申込方法次項①~⑩を記入のうえ、アイホールまで、メール info@aihall.com、FAX(072-782-8880)、事務所窓口持参のいずれかでお申込ください。メールの場合、件名「アートマネジメント講座申込」でお送りください。当方からの返信をもって受付終了とします。
①名前(フリガナ) ②年齢 ③性別 ④受講希望日 ⑤電話番号 ⑥メールアドレス ⑦住所 ⑧所属団体・学校名 ⑨あなたが今、悩んでいること ⑩各講師に聞いてみたいこと

〈注〉メール申込の場合、info@aihall.comからのメール受信設定をお願いします。申込後、2日経過しても当方からの返信がない場合は、お手数ですがお電話でお問合せください。
企画製作伊丹市立演劇ホール
主催公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
お問い合わせ先伊丹市立演劇ホール AI・HALL
TEL:072-782-2000
こちらのイベントもおすすめ
近くのグルメ