地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

伊丹市ポータル「いたみん」

※このイベントは終了しました。

『盟三五大切』

『盟三五大切』
洗練された演出と俳優の豊かな身体性で日本の名作戯曲を現代化し、注目を集めているエイチエムピー・ シアターカンパニーが2017年に送るのは、『忠臣蔵』の世界を背景にした鶴屋南北の傑作『東海道四谷怪談』と『盟三五大切』 。 江戸の町に潜み復讐の機会を狙う浪士たちの忠義と欲望、そして男女の愛憎を描いた2つの物語を連続上演でお届けします。
カテゴリ伝統芸能、大衆芸能
開催日2017年12月7日(木) ~ 12月10日(日)
12月 7日(木)18:00(妖)★ 19:50(鬼)☆
12月 8日(金)18:00(鬼)★ 19:50(妖)☆
12月 9日(土)13:00(鬼)★ 15:00(妖)☆ 19:30(mix)★
12月10日(日)13:00(妖)★ 15:00(鬼)☆
★…受付は開演時間の40分前、開場は開演時間の30分前
☆…受付は開演時間の40分前、準備ができ次第お席にご案内
※上演時間は約90分を予定
※妖…妖狐組、鬼…鬼組、mix…妖狐組・鬼組の
開催場所伊丹市立演劇ホール AI・HALL
兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号
料金【ブロック指定】
▶通し券…妖狐・鬼組を1日通しで鑑賞
一般 前売5,500円/予約・当日7,000円
 25歳以下・障碍者 前売4,500円/予約・当日6,000円 ※要証明書
▶1回券…妖狐組 or 鬼組 or mix のどれか1回を鑑賞できる券
  一般 前売3,000円/予約・当日3,800円
 25歳以下・障碍者 前売2,500円/予約・当日3,300円 ※要証明書
 高校生以下 一律500円 ※要証明
イベントの公式URL(PC)http://www.aihall.com/hmp_29/
あらすじ「五人切り」をはじめ、数々の凄惨な場面があることで有名な『盟三五大切』を現代演劇として再構成 ―
「浪人に落ち、町人の暮らしに身を潜めても、それはあくまで仮の姿。この源五兵衛は敵討の列に加わる義士なのだ―」 と言ってはみたものの、芸者小万にうつつをぬかし、女に救いを求めてしまう、甘い甘い、源五兵衛。顔も見ないで捨てた、妾との間にできた子が自分のために大金を用立てるのも当然と疑わないおめでたさ。通す力もないくせに、見せびらかした一念が、お節介に囲まれて、逃げ場を失ってゆく。
原作鶴屋南北
くるみざわしん
演出・舞台美術笠井友仁
出演妖狐組…高安美帆 森田祐利栄 米沢千草 水谷有希 原由恵 林田あゆみ 石川信子
鬼組…澤田誠 藤田和広 岸本昌也 高橋紘介 福田薫 松原佑次 竹内宏樹
mix…妖狐組と鬼組の混合で上演!出演者は11月上旬にHP・twitter・facebookにて発表します。
演出より歌舞伎に「世界定め」という言葉がある。
江戸時代に活躍した鶴屋南北は様々な「世界」を組み合わせ、より独創的な物語をつくることに長けていた。なかでも『東海道四谷怪談』と『盟三五大切』は『仮名手本忠臣蔵』の「世界」から生まれた傑作である。
『東海道四谷怪談』は「敵討など馬鹿らしい」と語り、忠義に背き出世を望む民谷伊右衛門を中心に人の欲望を描いた怪談物語であり、
『盟三五大切』は誓いを立てて主に尽くす人々の数奇な運命を大阪・ 曽根崎新地でおきた「五人切り事件」を題材に描いた愛憎劇である。
忠臣蔵の「世界」から生まれた、この二つの作品は「対」になることで共振し、現代の観客に強く響くだろう。   

演出 笠井友仁
座席について通し券とmixステージの1回券(前売)を期限までにお申込みしていただいたお客様は、座席ブロックをご指定できます。
前売優先で、ご予約順に各ブロックの前方から順にお席へご案内いたします。
その他のチケットにつきましては座席ブロックの指定はできません。ブロック指定のお客様の配席後、前売優先でご予約順に前方からお席へご案内します。

前方からご案内する順(申込み締切まで分):通し券(前売)→通し券(予約)→1回券(前売)
締切以降は、申し込み分の配席後、前売優先のご予約順で空いているお席に配席いたします。
締切:11月21日まで
お問い合わせ先伊丹市立演劇ホール AI・HALL
TEL:072-782-2000
こちらのイベントもおすすめ
近くのグルメ