地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊丹市ポータル「いたみん」

※このイベントは終了しました。

『blue film』 —たった1日きりの戯曲公演—

『blue film』 —たった1日きりの戯曲公演—
Plant Mの『blue film』深津篤史氏の『blue film』は「被災」をキーワードに描いたファンタジー作品。主人公かがりは生と死や大人と子どもなど、対の世界を行き交いながら、生きることと向き合ってゆく。今はもう肉体こそここにはない深津氏と、これからも存在し続ける深津氏の言葉が、作品の向こう側に見えるように取り組むのがPlant M的blue film。この公演は1月17日、たった一回きりの公演となります。
カテゴリ演劇、ダンス
開催日2018年1月17日(水)
1月17日(水) 18:00
※受付開始/開演の60分前。
※開場/開演の30分前。
開催場所伊丹市立演劇ホール AI・HALL
兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号
料金前売 2800円
当日 3000円
高校生以下 前売り当日ともに500円
【日時指定・全席自由】
※未就学児童の観劇はご相談ください。
イベントの公式URL(PC)http://www.aihall.com/bluefilm/
「深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編~」とは2014年7月31日、病気のため他界した、劇作家・演出家、深津篤史。

彼の遺した戯曲などを厳選のうえ収録した、作品集「深津篤史コレクションⅠ・Ⅱ・Ⅲ」(2016年7月31日3巻同時刊行予定)の発刊に伴い、「深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編~」を開催。演劇祭では、彼と交流のあった劇団およそ10団体が、作品集の収録戯曲などを中心に、2016年9月からおよそ1年間以上にわたり上演を繰り広げます。
作家プロフィール深津 篤史(ふかつ・しげふみ、1967年8月8日-2014年7月31日)
劇作家・演出家。1967年8月8日、兵庫県生まれ。 同志社大学大学院文学研究科新聞学専攻修士課程修了。1992年劇団「桃園会」を旗揚げ。1998年『 うちやまつり』で第42回岸田國士戯曲賞受賞。同年兵庫県芸術奨励賞、第16回咲くやこの花賞受賞。2006年『父帰る/釣堀にて』及び『動員挿話』で 第13回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞など。大阪現代舞台芸術協会会長、日本演出者協会理事を歴任。
2009年8月、肺小細胞がんが見つかる。「私を滅ぼすもの」の「名前と実体」があることは「ないよりは良い」と書き記すほど、透徹したまなざしで生と死の虚構とリアリズム、自己と他者の実在と不在を劇作と演出の両面で追求した。
2014年7月31日、5年にわたる闘病生活の末、芦屋市の実家にて死去。享年46。
団体プロフィールPlant Mとは
劇団Ugly duckling解散後、樋口ミユが立ち上げた旅人ユニット。
大阪を拠点にしつつ、日本全国いろんなところでお芝居をする。
表現をたくさん付け足すのではなくて、削いで削いで残ったものが本当に必要なものと考えて出来るだけシンプルに演劇をする。
最小のもので、最大の宇宙を創ることを夢想する。
出演出口弥生、中野聡(宇宙ビール)、橋本健司(桃園会)、堀井和也、ののあざみ、長谷川りか(VOGA)、河ヱ仁美(劇団ふぞろいぞろい)、石畑達哉(匿名劇壇)、西村智之(近畿大学舞台芸術専攻)、山田一幸(朱亜shu-A)、猿渡美穂(宇宙ビール)、橋本浩明、大浦千佳
チケット取扱WEB予約フォーム(corich)
お問い合わせ先伊丹市立演劇ホール AI・HALL
TEL:072-782-2000
こちらのイベントもおすすめ
近くのグルメ