地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

伊丹市ポータル「いたみん」

街の小ネタ byチャリンコ営業マン

ITAMI GREENJAM 2016 雨天(荒天)のため中止です。

ご協力いただいた皆様、楽しみにしていた皆様、申し訳ございません。

2016/07/31

【ITAMIGREENJAM2016 開催中止のお知らせ】

開催前から雨天決行/荒天中止とさせて頂きましたが、昨日夜間から早朝にかけて降りました豪雨の影響により、会場が壊滅的な状態の為、大変つらい決断ではありましたが、開催中止の決断とさせて頂きました。

スポンサー様や各団体様、個人様はじめ、本イベント開催に向けお力を貸して頂いた皆様、楽しみにして下さっていた皆様、本当に申し訳ありません。今はまだ見えませんが、必ず何かの形で恩返しさせて頂きます。
申し訳ありませんでした。

ITAMIGREENJAM実行委員会

開催中止のお知らせ 詳しくは → こちらから

関西最大級の無料ローカル音楽フェス

いたみんも「ITAMI GREENJAM 2016」を応援します!
日時 2016年9月18日(日) 10:00~17:00
※雨天決行/荒天中止
会場 伊丹市昆陽池公園 (兵庫県伊丹市昆陽池3丁目)
入場 完全無料
出演アーティスト 【第一弾発表】 竹原ピストル
【第二弾発表】 MOROHA / TeN with DJ YOKU(A hundred birds) / チャー絆 / バーカーズ
【チャレンジングアーティスト発表】 BLOND new HALF
【第三弾発表】 踊ってばかりの国 / AFRICA / 清水あつし / SARM / THE HillAndon
【追加決定】 SARM
主催 GREENJAM実行委員会
「GREENJAM ってどんなイベント??」

伊丹市の聖地・昆陽池公園にて行われる無料音楽フェス。
街のど真ん中で上質な音楽と自然の両方を融合させた空間。
子どもが自由に楽しめるキッズエリアや、人気の飲食店、フリーマーケットなど人気のコンテンツが盛りだくさん。
昨年の来場者10,000人のうち、約半分はファミリー、約2割は60歳以上という地元の方も来場しやすいイベントです。
しかも入場無料ですよ !!
【お問合せ】
GREENJAM実行委員会

TEL 072-764-6569 Email: itamigreenjam@gmail.com

オフィシャルHP:http://itamigreenjam.com/
Facebook :https://www.facebook.com/itami.greenjam/
twiiter:https://twitter.com/itamigreenjam
Instagram:https://www.instagram.com/itami_greenjam/

2016年出演アーティストご紹介(順不同)

■竹原ピストル
歌手/ミュージシャン/俳優
大学時代の1995年、ボクシング部主将を務め全日本選手権に二度出場。
1999年、野狐禅(ヤコゼン)を結成し音楽活動を本格化。際立った音楽性が高く評価され、2003年にメジャーデビュー。その後、6枚のシングルと4枚のアルバムを発表。2009年4月に野狐禅を解散し、一人きりでの表現活動を開始。2015年、全国のライブハウスを行脚する傍ら、11月25日にはニューアルバム『youth』をリリース。アルバムに収録されている「よー、そこの若いの」が住友生命「1UP」のCMに起用され、大きな話題を呼んでいる。2016年1月よりアルバムを引っさげた112本に及ぶ全国弾き語りツアー“youth”を開催中。

■MOROHA

2008年に結成された、UK(Gt)とアフロ(MC)からなる2人組。
感情の破裂音としてのラップ、繊細かつ獰猛なギターリフ。
個々の持ち味を最大限に生かす為、MC+Gtという最小編成にこだわる。
鬼気迫るLIVEはあなたにとって毒か薬か。雪国信州信濃から冷えた拳骨振り回す。

■バーカーズ

ブルースバーで知り合った40半ばのオッサン二人のアコギボーカルとハーモニカボーカルのデュオで始めたバーカーズ、今はベースが入ってトリオで京阪神で精力的に活動中!
2012年初頭より活動を開始しました。現在は年間約20本程のライブを老体にムチ打ってボチボチと活動してます。

■TeN with DJ YOKU (A Hundred Birds)

・TeN
声の持つエネルギーを体中から発信し、表現し続ける。
DJ Yoku率いるダンスミュージック・ハウスユニットA Hundred Birds(以下AHB)のヴォーカリストとして活躍。インディーズ、メジャーから多数の作品をリリースしている。 AHBとして彼女をフューチャリングした代表作が、2000年N.Yのレーベルからリリースしたアンジェリーク・キジョーのカヴァー「Batonga」。同作品は欧米のダンスミュージックシーンにて各国のDJ達にヘビープレイされた。
・DJ YOKU (A Hundred Birds)
1989年より大阪をベースにDJ活動を開始。’93年から2年間渡英し、その活動範囲を拡大する。帰国後、関西での音楽活動を勢力的に再開。現在、各地へゲストDJとして招かれながら、地元大阪では、本年5年目突入となるEvery Tuesday Nite “Legend”(@Grand Cafe)をDJ Ageishiともに守り続ける。その他、USENでのDJミックスショー、年に1回ロングセットのDJマラソンにも挑戦し続けており、DJ道の奥深さや感動を与えてくれるパーティを展開。2004年Irma Recordsの音源だけを使用したMix CD『Irma Itaro house and …Disco』をリリース。自身のユニットA HUNDRED BIRDSでのプロダクションワークでも彼の才が発揮されており、WAVE MUSIC(US/NY)からリリースされた “Batonga”, “Georgia”, “Jaguar”, “Black Water”などの12inch Singleを皮切りに、FLME INCより『Fly From The Tree』『In The Sky』『TO THE EdEN』『Mynah』とアルバム作品をコンスタントにリリース。国内外問わずRemix Workのオファーも後を絶たない。また同ユニットが、毎年クリスマスに行う30人編成を超えるOrchestra Special Liveでは、HOUSEDISCO GARAGETECHNOの名曲をYOKU自身がヒューマンクロスフェーダー如くミュージシャンを操り、実験的なライブ活動も行っている。DJ Spiritsを源に、サウンドプロダクションライブを融合させながら活動を続けるDJ YOKU。彼の壮大な夢は、大空を駆け巡る。

■チャー絆
チャーハンと読む。
アコースティックギターとキーボードからなる男女ツインボーカルデュオ。
ロック、ブルース、フォーク、ポップなどをルーツに、時に激しく時に優しくとてもシンプルな楽曲。ハスキーな阿宅の声と優しい繁道の声は力強く、異質にもかかわらず見事に重なり合ってより心に沁みわたる。大阪を中心に全国展開するライブ活動はライブハウスだけではなく様々な場所で行い、年間100本を越える。2015年10月6日、5枚目となるアルバム「うたがある」をリリース。最近ではサポートドラムやサポートギターを入れてのライブも行っている。

■BLONDnewHALF

神戸No. 1ソリッドパンク BLONDnewHALF!

「はたして我々は彼らのミュージックを受け止められるのか!
伊丹への挑戦状!チャレンジングアーティスト!」

■踊ってばかりの国

林宏敏(Guitar)、谷山竜志(Bass)、坂本タイキ(Drums)、下津光史(Vocal、Guitar)

2008年神戸で結成。翌年より2枚のミニアルバムを発表、各地の大型フェスに注目の新人として出演。2011年初のフルアルバム「SEBULBA」を発表。全国ツアーを行うなど活動の幅をさらに拡大させる。同年11月には2ndアルバム「世界が見たい」をリリース。
2012年末、ベースの脱退と共に活動休止。2013年春、COMIN’KOBE 13のステージで活動を再開。2014年1月に新メンバーで録音した、セルフタイトルを冠する3rdアルバム「踊ってばかりの国」を発売。同年に限定アナログ盤シングルを2枚発売。2015年春、メンバー主導による最新フルアルバム「SONGS」を発売。11月、オリジナルメンバーの佐藤が脱退。同月、新ドラマー・坂本タイキ加入。
《official WEB》http://odottebakarinokuni.com

■AFRICA

2014年6月、鞆良磨(トモ リョウマ)と、中村泰二朗(ナカムラ タイジロウ)を中心に結成。
2016年4月、メンバー自らが立ち上げたレーベル“PULP DISC”より、1st Mini Album “Summer Long” をリリース。世界のPOP MUSICとリアルタイムで同期するトラックに、ファンタジアを綴った日本語の歌が丁寧にミックスされている。日本のトラッドポップを更新していくOne of them。

■清水あつし

メンフィスにエルビス。
リバプールにビートルズ。
ボストンにボストン。
神戸に清水あつし!

■THE HillAndon

三木 康次郎(Vo&gt)、平野 竣(Ba)により結成。その後奥野 晃平(Ds)、楠木 達郎(Gt)が加入し現在の形となる。アメリカのルーツ音楽をこよなく愛する中でメンバー各々の音を混ぜ合わせ唯一無二のロックを演奏する。今年8月に2枚目となるフルアルバム「Sweet Confusion」を発売し、9月11日に初のワンマンライブを開催。現在地元高槻市を拠点とし、関西中心に活動を行っている。

■SARM

【 SARM (サーム) 】
(シンガー、JAZZ POP/electrojazz/swingjazz)
出身 大阪
1995年3月生まれ 20歳
レーベル/Loopy
音楽活動を開始した18歳の頃にjazzやblackmusicと出会い、自らの音楽性へと変換しシンガー活動をスタート。19歳の時に現役アーティストでありDance Music Creater の
KIMITO(THE GAME SHOP)をプロデューサーに迎え、共にoriginal track制作をスタート。SARMの天性である個性的で迫力のあるvintage voiceを活かし、現代音楽とルーツ音楽の融合から生まれた新たなElectro Jazz Musicを確立。2015.02.11よりSoundCloudよりFree配信された楽曲(LindyLindy)は、瞬く間に各方面へと噂は広がり高評価を獲得。2015.秋にはDanceMusicBand “THE GAME SHOP”とスタンダードJAZZとして有名なIt Don’t Mean a thingでカバーコラボレーション。共にTRANSIT asia tourにて台湾、香港、日本と共演を果たす。2016年、1月にはダンサーLnPとのコラボレーションステージとしてTokyoDomeCityへ出演。三浦大地/YUA/Leadなど豪華アーティストと共演。3000人の観客を前に個性的な演出で圧巻のパフォーマンスを披露。2016年、4月27日、初のシングルLindy Lindyを全国タワレコ、HMV、ヴィレッジヴァンガードなど各CD SHOPにてリリース!! 天才的なアート性やファッション性への評価も高くモデルとしての活動も展開。シンガー名SARMの由来は”Sun And Moon”太陽と月が無ければ人や植物、生きている物全てが生きられない、私がいないと生きられない、絶対的な存在でありたいと思う気持ちが込められている。
Instaglam/Twitter @xxSARM
Facebook Sarm Kobayashi
Youtube MV《Lindy Lindy》https://www.youtube.com/watch?v=fo9PIxUrM4M
official web http://www.xxsarm.com/

2016年度は中止となりました。
→ 詳細についてはこちらよりご確認下さい。