地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

伊丹市ポータル「いたみん」

伊丹子育て情報

児童くらぶQ&A

伊丹市の「児童くらぶ」に関する質問を、ぴよが、児童くらぶ指導員さんや先輩保護者、市担当者などに聞いてきました。少しでも参考になると嬉しいです。

入所前

Q1:児童くらぶって何?
A1:小学校等に通う1~3年生児童および特別支援学級等に在籍している4~6年生児童が対象です。放課後や長期休業中などに保護者の就労や疾病などの理由により、家庭で昼間適切な保育を受けられない児童を保育してもらえる場所です。伊丹市では、各小学校内に開設されています。

Q2:入所条件は?
A2: 3つあります。
(1)伊丹市内に住んでいること。
(2)小学校の1年生から3年生及び特別支援学級等の6年生までに在籍していること。
(3)保護者の就労、疾病などの理由で、昼間家庭で適切な保育が受けられないこと。
※保護者の週就労日数が3日に満たない場合や、就労時間が午後3時前後に終わる場合は入所の対象にならない場合があります。
※保護者が産後休暇後、育児休業を取得された場合は、対象となりません。

Q3:申し込み方法は?(時期、方法)
A3: ・入所申請手続きが必要です。入所申請書類はこども部家庭教育課または各児童くらぶで配布しています。伊丹市ホームページ(家庭教育課)からダウンロードすることもできます。
◎4月1日から入所する場合
(1)新一年生および初めての入所児童
伊丹市こども部こども室家庭教育課(伊丹市役所4階)
1月4日から1月31日・・・9時~17時(日曜・祝日を除く)
1月中旬のうち1週間月~土・・・9時~19時
(2)児童くらぶに在籍されたことがある児童
各児童くらぶ
1月4日から1月15日・・・・13時~16時(休所日を除く)
注意:2月1日~4月15日の間の提出は原則5月入所の対象となります。

◎年度途中の入所の場合
各月の1日が入所日となります。
申請は前月の15日までにこども部家庭教育課まで提出してください。
3月のみの入所は15日までですが、新年度も入所される場合は1月31日までに提出してください。

◎夏季休業中(夏休み)のみの入所
入所日は夏季休業開始日から8月31日までと8月1日から31日の2通りを選択できます。
申請は前月の15日までにこども部家庭教育課まで提出してください。

Q4:通う児童くらぶは選べるの?
A4:選べます。しかしほとんどのお子さんは自分が通う小学校に併設された児童くらぶに入所しています。

Q5:市内在住で私立や国立小学校に通わせている場合、自分の校区の児童くらぶに通えるの?
A5:通えます。実際は長期休業中の利用になるようです。

Q6:預かり期間、時間は?(夏休みなどの長期休暇含む)
A6: (1)学校の平常授業期間13時00分~17時00分
(2)学校の給食のない期間11時40分~17時00分
(3)土曜日(運動会等の予定日を除く)8時30分~17時00分)
(4)長期休業期間(春・夏・冬休み)8時30分~17時00分
(5)学校創立記念日・運動会等の代休日8時30分~17時00分
(6)その他(特別の理由がある日)その都度開所時間を決定
※休所日
(1)日曜日及び国民の祝日に関する法律に規定する休日
(2)8月13日~16日(盆休み)・12月29日~1月3日(年末年始休み)・3月31日
(3)臨時休業日(暴風警報発令時・その他の災害時等)
(4)その他、市長が必要と認めた時

Q7:途中入所できるの?
A7: できます。年度途中の入所は、各月の1日が入所日となります。
年度途中の入所申請は、前月の15日までにこども部家庭教育課に到着したものが審査対象となります。3月のみの入所は15日までですが、新年度も入所される場合は1月31日までに提出してください。審査は、申請書類の整ったものが対象となります。Q3を参照してくださいね。

Q8:入所までの流れは?
A8: (1)入所申し込み(4月入所の場合は、1月下旬)
(2)説明会(各児童くらぶにて・一日体験入学と同じ日におこなう児童くらぶが多い)←このときには入所はまだ決定していません。
(3)入所許可通知→市役所より3月中旬発送→保護者が対象の児童くらぶを訪問し連絡帳や入所に際しての手紙等をもらう。
(4)入所→新一年生も4月1日から通うことができます。

Q9:児童くらぶは、市が市の予算でやっているの?
A9:市の予算の他に、国や県から補助金をもらって運営されています。

Q10:児童くらぶの指導員はどんな方(資格など)で、何人くらいの体制でみているの?
A10: 保育士資格または幼稚園、小中学・高校いずれかの教員免許を有する人が指導員として市に採用されて勤務しています。
児童40数名までは嘱託指導員2名でで保育しますが、それ以上になると人数加配として1人指導員が入ります。ある一定人数が増えるごとに1人指導員が加配される規定になっています。また特別支援の児童には障害児加配として障害の程度及び受け入れ人数に応じて指導員がついています。

Q11:伊丹市内の児童くらぶには、全体のうちどのくらいの児童が入所しているのでしょうか?
A11:平成20年5月1日現在で、小学1年生の総児童数が 1,960人、うち児童くらぶ入所児童数(1年生)が432人です。
毎年異なりますが、全体の2~3割の児童が入所しています。

入所決定後

Q12:準備するものは?
A12: (初日にもってくるもの)(1)上靴(2)置き傘(3)ハンドタオル(無記名)(4)雑巾一枚(無記名)(5)着替え一式 ←各児童くらぶによって若干異なります。
(毎日持ってくるもの)(1)連絡帳(2)弁当(3)水筒(ふたつきのもの)(4)学習用具(5)筆記用具(6)歯磨き用具(7)ハンカチ・ティッシュ ←各児童くらぶによって若干異なります。
・持ち物には必ず名前を書いてください。
・おもちゃ・現金は、持たせないで下さい。
・鍵の管理ができるようにしておいてください。鍵を首にかけると危険ですので、ランドセルのファスナーつきポケットにひもをつけていれてください。

Q13:通所方法は?
A13: お帰りは家の方向が同じ子どもでグループをつくり学校の通学路を通って帰ります。(グループは学校のコースわけに準じています。)
帰宅時間は通常5時ですが、冬期(11月1日から1月31日)は日が落ちるのが早いため、冬帰りとして4時・4時30分・5時と下校時刻をわけて下校します。下校時刻については保護者の方に事前に調査し、決定します。時間は随時変更可能です。暗くなっても指導員は校門までしか送りません。

Q14:児童くらぶでの過ごし方
A14: 宿題をして、そのあと自由遊び、おやつ、そうじ、終わりの会などの流れです。
「児童くらぶの一日」を参照してくださいね。

Q15:行事はあるの?
A15:たくさんありますよ! 「児童くらぶの主な行事チェック」を参照してくださいね!

Q16:おやつって?
A16: 毎日3時すぎにおやつを食べます。内容は各児童くらぶによって様々です。
ヨーグルトや和菓子、洋菓子、果物、スナック菓子などを提供しています。

Q17:通所にかかる費用は?
A17: 育成料として、月額5000円かかります。別途おやつ代が必要です。(月額2000円以内)
育成料は口座振替します。おやつ代は児童くらぶで直接集めます。
おやつ代は毎年4月の保護者会で保護者との話し合いにより決定します。金額は各児童くらぶで違います。おやつ代は、月額2000円以内と決まっています。徴収は月初めで、児童が持参します。

Q18:児童くらぶとの連絡はどうするの?
A18: 毎日児童が連絡帳を持参します。(B6サイズのノートでくらぶから配布されます。)これは保護者と指導員とが連絡をとるために欠かせないものです。急な欠席や重要な用事があるときは電話連絡を取り合うこともあります。連絡帳のほかに各児童くらぶ発行のお便りで、日々の保育の様子や連絡事項などをお知らせしています。(「児童くらぶの連絡帳チェック」のページを参照してね)

Q19:運営方法(保護者会はあるの?)
A19: 各児童くらぶに保護者会があります。入所した児童の保護者は原則入会していただいています。4月の保護者会で役員、行事担当を決めます。保護者会は年三回、各児童くらぶで行われます。「伊丹市学童保育連絡協議会」という名称の伊丹市全体の児童くらぶの役員が集まる会議への出席も仕事としてあります。

Q20:特別支援学級在籍の児童には特別に指導員はつくの?
A20:加配指導員が付きます。障害の程度及び受け入れ人数によって加配の人数が決まります。入所する前に市の担当課職員・指導員・保護者(児童)の三者面談があります。

Q21:入所までにしておいたほうがいいことは何?
A21: (1)通学路を自分ひとりで通えるようにすること。
(2)家の鍵の開け閉め、管理をできるようになっておくこと。
(3)保護者が留守の間の防犯対策(人が訪ねてきたときの対応、電話対応)を実践できること。
⇒別途、「先輩ママからの入学・入所前のアドバイス」があるのでチェックしてみてくださいね!