地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊丹市ポータル「いたみん」

成長のない子なんていない

 A YUMMY STUDY 伸学土台教室のニュース

成長のない子なんていない
英語部門あやみです(^O^)/

新年度のカオスからゴールデンウィークを経て、やっとレッスンが落ち着いてきました

新年度一番の衝撃は、新しく入会された新1年生のMさん。

話しかけても返事をしない、こちらの指示(カードを出して、など)したことを一切しない、「できる?」に対しては、無言か、「できない」と言う・・・

ちなみに、こちらから「できる?」と尋ねていたのは、
・カバンから荷物を出すこと
・カバンに荷物を直すこと
・出席カードのシールを選ぶこと
・出席カードにシールを貼ること
・真似して言葉を発すること



なに、これ?
幼稚園でやってないの?
今までどうやって生きてきたの?
そもそも、日本語通じるの??

いろんな疑問が湧きました。発達障害のことも頭をよぎりました。

でも、レッスン外のMさんを見ていると、どう悪く見積もっても、著しい困難を抱えているようには思えませんでした。

会話の中で感じたMさんは、気が弱いとか、極端に緊張するとかではなく、すごーくわがままな印象。
「私は今、こっちに興味があるのに、そっちやらなきゃならないとか意味不明」
みたいな感じ。

そして彼女は、カバンから教材を出すことすらせずに4月を終えました。

ほんと、同じ部屋にいて、他の子達や教室備品を観察してただけ。

それでも手を出さず、「入りたかったらいつでもどうぞ」とだけ伝え続けましたが、さすがに丸々1か月、これだけ何もせずに終わったのはMさんが初めてでした

5月も様子を見て、変化がなければ、お母様にご見学いただいて、今後の対策を決めなければと考えていたのですが、、、

変わりました!

5月の第一回目には、他の子たちと同じように必要な道具をセットし、シールを自分で選んで貼り、カードを自分で並べて、ゲームにも参加。

そして二回目には、こちらからのちょっとした働きかけで、今まで黙り込んでしまっていたアルファベットの音を、他の子達にもはっきり聞こえるように発声。

こちらの質問にもすぐに反応するようになり、他の子たちとの掛け合いを聞いて大声で笑ったり、入ってきたりするようになりました

更に驚いたのは、これまで参加してなかったのに、英語のリピートがとても上手で、カードと文章を一致させるのがとても早かったこと

じゃあ最初からやれよ!

・・・とは思いましたよ、やっぱり

でもMさんは、自分で自分のことをする、という経験が少なかっただけなんですよね、きっと。

周りがMさんに合わせる環境で、ずっと育ってきたのでしょう。

今後また後退することがあるかもしれませんが、とにかく、『レッスンに参加する』という第一歩を踏み出すことができました

Mさんがまだ感覚が柔軟な1年生でよかった

凸凹は必ず存在します。
子供たちはそれを隠す技術も経験もないから、その凸凹がとてもよく見えます。

だからといって、周りに甘えっぱなしでいいのでしょうか。
先天的にできないことをやれと言ってるわけではありません。
できるのに、周りができる芽を奪うから、いつまでもできないのだと、私は思います。
それって大人のエゴであり、【悪】ではないですか?

さて、上に書いたちょっとした働きかけですが、、、

他の子の誕生日を利用して、自力で成長に向かえるよう仕向けました。
「お誕生日プレゼントをもらえるのは、自分のことを自分でできる人だけ。自分でできることを自分でやる人にだけあげるね」と、全体に向けて伝えたのです。

モノで子供を釣るようなこの手法には賛否両論ありますが、今回のことでMさんが少しでも成長できるなら、結果オーライ
後は誕生日までに、「自分のことは自分でやる」が、Mさんの中で定着するよう、見守るだけです



※ 写真はUSJで食べたロールケーキ♪ 話題に関係なくてすみませんm(_ _)m
語学・英会話[こども英会話教室]

A YUMMY STUDY 伸学土台教室

サークル活動日
最新のニュース一覧へ
口コミ(68件)一覧へ