地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊丹市ポータル「いたみん」

新年度のカオス

 A YUMMY STUDY 伸学土台教室のニュース

新年度のカオス
英語部門あやみです♪

本格的に新年度が始まり、子供たちは新しい生活に慣れるまで少し不安定です

当教室では毎年グループ替えがあり、今年も例にもれず、新しいグループ編成でレッスンが始まりました

そうすると、入会の時から元気にレッスンを開始した新小学生が、まさかの泣いて入室

新しいメンバーの中と小学生用の教材に緊張したのでしょうか、、、ずっとしくしく泣いてました

でも、周りがゲームで盛り上がってきたら、泣き声が収まり、膝を抱えた状態で下を向きながらも、こっそりこちらの様子を伺うというwww

「入りたかったらいつでもおいでよー」とは言ってみましたが、バツが悪かったのか、入ってきませんでした
でも、来週はきっと一緒にゲームができるでしょう

新グループ編成は彼にとって初めての経験。今回のことで、来年はもっと新しいグループに入りやすくなってるはずです

で、何がカオスかって、既存のメンバーでも、小学校入学の時にはこれだけ不安定になるところ、新規生のできないっぷりがすごいw

カバンから必要なものを出せない
単語で要求してくる 例:「鉛筆」「お茶」「トイレ」
たった今した指示を質問する 例:「今からこのカードに名前を書いてね」に対して、「このカードに名前を書いたらいいんですか?」「もう書いていいんですか?」

そういえば、今いるメンバーが初めて参加してくれた時もこうだったなー、、、と、懐かしく思いつつ、できないと思ってたこの子たちがが、気付けば着実にいろんなことをできるようになったなぁ、、、と実感します

カバンから必要なものを出せない子は、こちらが手を出さず、「できるよ。やってみ?」というと、少し時間はかかっても必ず必要なものを出してきますし、

単語で要求してくる子は、「鉛筆貸してください」「お茶を飲んでもいいですか」「トイレに行ってきます」など、相手への伝え方を教えてあげると、次から言えるようになります。

たった今した指示を質問してくる子には、「どう思う?」と質問し返すことで、「あ、今からここに書くんやった」と、思い出してくれます

こうやって、少しずつかもしれませんが、子供たちが自分で自分のことをどんどんできるようになり、気付くと本当に手のかからない状態が出来上がるんですよね。

ちなみにうちの教室では、子供同士のお手伝いも禁止です

できる子が手を出すことで、ゆっくりさんの「できる芽」摘んでしまうのではなく、「できる芽」が育つよう見守ることを、子供たちにもお願いしています

自分でできると、子供たちも嬉しそうだし、自立に向かって努力するようになります

5月中旬まで、このカオスは続くので、毎週私も新鮮な気持ちでレッスンに挑ませていただきます



※写真はイースターイベントで親子グループさんにあげたおやつ(≧∇≦)
語学・英会話[こども英会話教室]

A YUMMY STUDY 伸学土台教室

サークル活動日
最新のニュース一覧へ
口コミ(67件)一覧へ