地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊丹市ポータル「いたみん」

挑戦状から思うこと

 A YUMMY STUDY 伸学土台教室のニュース

挑戦状から思うこと
英語部門あやみです( ´ ▽ ` )ノ

先日、山梨に引っ越した小2男子から、挑戦状が届きました(≧∇≦)

彼は英語育児サークルから引っ越すまで、ずっと何かしらの形で通ってくれていたメンバーの一人で、一年以上経った今でも、こうやって覚えていてくれるのがとても嬉しいです( ´ ▽ ` )ノ

私が『学習障がい』というものに出会い、多くを学んでいた時期に来てくれていたので、彼が『天才児』であることはすぐにわかりました。

ご両親が世間体や周りの目を気にするよりも、彼の特性をよく理解し、彼のいいところを伸ばすためには何がいいのかをいつも考え、実行されていたのが印象的です。

小2の今、『挑戦状』という言葉を漢字で書き、複雑な迷路をあっという間に仕上げてしまう。この迷路も、私がゴールにたどり着くよりもはるかに短い時間で作られています。ソロバンを習い始めた頃に、10桁以上の筆算をノート一面に書いて計算しているのも見せていただきました( ´ ▽ ` )ノ

10年以上も子供たちの成長を見せていただいたからか、子供と接するだけで、大きな特性を持った天才なのか、(本人ではなく周りの大人が)努力を怠っているだけ、又は、年齢に適さない内容の【勉強】を大人に言われてやらされた結果の凡人なのかは、ほんのりわかるようになってきました。

そして今、未就学児さんの能力開発はとても大切だと思います


この小2男子のような天才でなくても、2年ほどしか開講していなかった能力開発部門に来てくれていた子たちは、気付けば学校でも「内容をよく理解している」と褒められるほどの賢さ

天才も凡人も、自分にできることとできないことを把握しつつ努力することを怠らない、いずれも魅力的な人間になっています。

彼らの今後の成長がとても楽しみです
語学・英会話[こども英会話教室]

A YUMMY STUDY 伸学土台教室

サークル活動日
最新のニュース一覧へ
口コミ(64件)一覧へ