地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊丹市ポータル「いたみん」

賢い子は、教えられるのを嫌がります

 A YUMMY STUDY 伸学土台教室のニュース

賢い子は、教えられるのを嫌がります
英語部門あやみです( ´ ▽ ` )ノ

当教室で使用しているB.B.カード、今の教育とは教授法が全く違っているため、指導する中で「それでいいのか?」という疑問が湧いてくることが頻繁にあります。

そこで、B.B.カードを使ったレッスンを展開している英語教室の先生方と定期的に勉強会を開き、その中で、子供たちにとって『教えない』B.B.カードが最も効果的であることを、実例をもとに確認しています。

『教えない』指導を受けた子は、自分で考えて答にたどり着いた時のスッキリ感を知っています。
だから、他の物事や学校の勉強でも、自分で考えて答えにたどり着きたくなるようです。

これぞまさに、アクティブラーニングですよね

自分で答にたどり着くために考えることができる子は、放っておいてもどんどん伸びていきます

その実例が、我が家の娘です
手前味噌ですみません。

勉強について、他の教室メンバー以上のことを教えたことは一切ありませんが、自分なりに答えをみつけ、間違いを修正し、どんどん成長しています

ですが、この娘が、考えずに答を当てる、又は答を聞いてくるようになった時期があります

原因は、景品につられて始めた通信教材でした

その通信教材はマンガ形式で各単元の説明がなされており、しかも、予め「だからこの答えは4になるよ!」などと、答えまで出してくれていました
その後自力で解く問題も、パターンは全て同じ。
それどころか、最初の問題は、どこにどの数字を入れるかがわかるような指示まで書かれており、後は考えなくても、見えた数字さえあてはめれば答にたどりつくという、、、

その通信教材を始めて2か月も経たないうちに、「ここの答がわからへん!教えてくれなわからへん!!!」と言い出すようになりました
答は相変わらず目につくところに書かれているにも関わらず、です。

通信教材を辞めてから数ヶ月後、ボランティアの方が集まる学習スペースに親子で参加しました。
娘が試行錯誤して問題に取り組んでいたところ、近くにいたボランティア先生が、「ここは割り算やから、答えは4やろ?わかるか?」と、ご丁寧に教えてくださったそうです
もう少しで解けそうやったのに、と、娘はかなりショックなようでした
もちろん、同じ場にいてその暴挙を防げなかった私もショックでした

「大人の責任」とか「よかれと思って」とかは、傍目に聞こえはいいかもしれません。
自学自習の一環で、通信教材に取り組むのも、効果がある子はいるのでしょう。

でも、本当に賢い子は、説明されたり、教えられたりすることを嫌がります。
自分で考えて答えを出すことの方が、よっぽど気持ちがいいからです。

教えてもらって、教えられたことをその通りできてしまう子は、むしろとても危険だと、私達は考えます。

B.B.カードのレッスンで、自分なりに考えて答えを見つけるアクティブラーニングを体験してみませんか

※ 写真はBBカードレッスンの様子
語学・英会話[こども英会話教室]

A YUMMY STUDY 伸学土台教室

サークル活動日
最新のニュース一覧へ
口コミ(65件)一覧へ