地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

伊丹市ポータル「いたみん」

長さの単位のつまずき

 A YUMMY STUDY 伸学土台教室のニュース

長さの単位のつまずき
今日は【国算よくばりパック】から、気をつけるべき点のお知らせです。

それは「長さの単位」
大人になればわかるようになる、とはいえ、ここのつまずきは目に見えにくいので注意が必要。特に、卒なく問題をこなせる優等生タイプが見過ごされやすいです。

実際にリボンやテープなどを使った遊びや工作、あるいは、身近なものの長さや距離などについてご自宅で会話をされていれば、今わからなくても後から単位の意味が理解できますが、

例えば受験に向けて一生懸命勉強するあまり、そういった一見「無駄」な作業や会話をせずに過ごしてしまった場合、時速の単元で大きくつまづいてしまい、その結果「教え込まれた方法で答は出せるが、それが何を意味するのか全くわかっらない」状態になります。

大抵の場合、大人になれば経験で理解できるようになりますが、テストで学力を測られる中高生の間は、ちょっとしんどいかも、、、

ちなみに、今参加してくれている小2さんは、全員もれなくつまずいてくれました^o^

意地悪丸つけが効力を発揮しましたよ(≧∇≦)

一人を除き、今の正解率は9割。
そして100%、自力で間違えた箇所を見つけられます(≧∇≦)

これを最初から100%正解できるよう、指導と声かけに努めます!

速度でつまずいている高学年さんは、長さの単位から復習されることをお勧めします。一概には言えませんが^_^

写真は、先日の『はたら子』で娘が描いたラテアート@Cafe Monさん。
話題と無関係でスミマセンm(_ _)m
語学・英会話[こども英会話教室]

A YUMMY STUDY 伸学土台教室

サークル活動日
最新のニュース一覧へ
口コミ(63件)一覧へ