地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊丹市ポータル「いたみん」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

申し訳ございませんが計画停電によりご迷惑をおかけ致します。

 速水葬祭グループ 家族葬専用式場 さくらホールのニュース

「申し訳ございませんが計画停電によりご迷惑をおかけ致します。」
大飯原発を再稼働するのは電力不足解消の為じゃなく

関電の利益確保が目的です」と

関電のエラい人がTVで公言していた事を覚えていますか?

おつかれさまです、速水です。




計画停電の話しが出ていますが

これは利益を追求する関電による風評作戦です。





しかし残念ながら、うちの会社にも通達は届きました。





「万が一の備えとしての計画停電のお知らせ」

として案内文の中には

「計画停電は、原則、実施いたしませんが」と書いています。

停電になったらお葬式が出来ないですね。



隣の市の火葬場からも案内が来ました。

ここまでお聞き頂いて

「停電になったら大変だ」とお思いでしょうが

既に実害が出ています。




伊丹市の火葬場の能力が人口に対して足りないので

近隣市の火葬場でお世話になる事が多いのは

以前のブログでもご紹介させて頂きました。




どこの市の火葬場も

「市内の人」と「市外の人」の対応をして下さっているのです。




しかし今回の計画停電の案内が出てから

停電にならなくても「市外の人」は断っている市が有るのです。




全てを調べていないので把握出来ていませんが

宝塚市の火葬場は「原則市外お断り」です。




そうなんです、

さくらホールからの出棺先の優先順位は

まず伊丹市営斎場で

その次が宝塚市営斎場なんです。




数日前にお葬式を依頼を頂いたお客様は

伊丹市営斎場の最後の一枠が空いていたから助かりましたが

以後は全て日にちの順延になってしまうのです。




これはうちの会社だけじゃなくて

伊丹市内にある各葬儀社で起こっているので

それでなくても火葬能力が追いついていない伊丹斎場は

さらに混乱が起こると予想されます。




普通なら「亡くなった日の翌日がお通夜で翌々日がお葬式」

というケースが多いのですが

この夏の計画停電の怖れが有る期間

7月1日から9月7日までは

「火葬場の予約を取れる数日後にお葬式」

となってしまうと思います。




夏の暑い時期だと皆さん心配されている様に

御遺体はドライアイスなどで対応するので大丈夫でが

ご遺族の皆様の疲労度が違って来ます。




後日、宝塚斎場から「ご相談を頂いていた日は空きがあるのでお受け出来ますが如何ですか?」とご連絡を頂きました。



やっぱり宝塚市の火葬場は丁寧ですね。




計画停電。。。

申し訳ございませんがコレばかりはどうにもならないようです。

葬儀・仏具[葬儀場(家族葬)]

速水葬祭グループ 家族葬専用式場 さくらホール

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。