地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊丹市ポータル「いたみん」

Cute Movies

人生は二度とない

スペイン縦断―3週間のバチェラートリップは、簡単で大切なことを教えてくれた

(C)Eros International (C)Excel Entertainment

2022年10月28日(金)全国順次ロードショー

人生は二度とない

出演:

リティク・ローシャン『スーパー30 アーナンド先生の教室』 

アバイ・デーオール ファルハーン・アクタル カトリーナ・カイフ
監督:ゾーヤー・アクタル 『ガリーボーイ』

 

作品紹介

3人の男たちの人生を変えるスペインへの旅を描き、2011年に本国インドで大ヒットを記録、今なお名作として愛され続けるロードムービー『人生は二度とない』が、10月28日(金)より新宿ピカデリー他、全国順次ロードショー致します。

 

大富豪の娘との結婚を目前にしたカビール、金融ブローカーとして富を求めるアルジュン、皮肉屋のコピーライター、イムラーンの学生時代の仲良し3人組は、カビールの独身さよなら旅行として3週間のスペイン縦断の旅に出る。それは、彼らに人生の意味を問いかけ、生き方を変える宝物になった…

 

眩い光に溢れるスペインの美しい自然や、歴史的な街並み、各地の伝統的な文化を余すところなく映し出すため、3か月にわたり100か所以上のスペインロケを敢行。異国を旅する3人の若者の友情と、それぞれが抱えた生きる悩みを、ユーモアを織り交ぜた巧みな脚本でスタイリッシュに描きだす本作は、2011年にインドで公開され、ヒンディー語作品の年間興行収入5位を記録して、インドからスペインへの観光客を倍増させる大ヒットとなった。

監督は、2019年に『ガリーボーイ』が米・アカデミー賞外国語映画賞インド代表作品に選ばれたゾーヤー・アクタル。若き俊英監督のもと、『スーパー30 アーナンド先生の教室』のリティク・ローシャン、『チェイス!』のカトリーナ・カイフなど、日本でも公開された作品にも出演している人気俳優が集結。世界が閉塞感に満ちた数年間を取り戻す、究極の癒しムービーが遂に日本上陸する!

 

この度、スペイン伝統のトマト祭りを、旅の多幸感満載に映しだした本編シーンが解禁!

独身さよなら旅行でスペインを訪れた3人は、旅先で知り合った魅力的な女性インストラクター、レイラの誘いで、ブニョールのトマト祭りに参加することに。レイラの説明を受けつつ会場にやってきた彼らの前には、既に祭りの高揚感に満ちた大勢の人々がひしめいていた。アンビエントハウス風の挿入歌“ Ik Junoon (Paint It Red) ”に乗せて描かれる全身トマトまみれになってはしゃぐ彼らの姿は、理屈抜きの旅の解放感を感じさせる映像となっていて、旅を通じて、新たな生き方を見つけていく彼らの通過儀礼として重要なシーンとなっている。

その場に居合わせた様な臨場感で描かれるこのシーンの撮影は、実際のトマト祭りではなく、約16トンのトマトをポルトガルから運びこみ、ブニョールの同じ場所で大量のエキストラを動員して再現された。撮影後、出演者たちは、しばらくはトマトを見るのも嫌で、何週間もトマトを使った料理を食べることができなかったと語っている。

 

ストーリー

大富豪の娘との結婚を目前にしたカビール、金融ブローカーとして多忙を極めるアルジュン、皮肉屋のコピーライター、イムランの学生時代の仲良し3人組は、カビールの独身さよなら旅行として3週間のスペイン縦断の旅に出る。
仕事で成功を収めて、不自由なく生きているが、それぞれが悩みや葛藤を抱えていた3人。
しかし、道中の出会いや冒険が、彼らに人生の意味を問いかけ、やがて本当に大切なものを見出していく。

 

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

人気のキーワード