地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊丹市ポータル「いたみん」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊丹市ポータル「いたみん」

げんまい屋女房の江戸メシ日記

とある文月の献立

記録的早さの梅雨明けと共に、厳しい暑さが続くこの頃です。

暑さにめげずに旬のものを頂いて、心身の調子を整えたいものですね。

 

久しぶりに長芋のしらが。

さっと熱湯をかけるので、生でもなく滑らかな舌触りが楽しめて。


江戸前期にはヨーロッパから伝わったものの鑑賞用だったトマト。

唐がきと言われていたそうです。

今では夏野菜の代表となっていますが、おひたしに初挑戦。

湯むきしたトマトを醤油、みりんで味付けした出汁にひたして冷やします。

初めての味わい、甘味も強く、食欲のでないこの時期にピッタリです。


さっと湯引きした鮪の柵を、短時間ヅケに。

叩いた長芋と山葵で頂きます。

ヅケにする時間が短いので、醤油っ辛くなく箸が進みました。


鯛を醤油で〆て、とろろ昆布で和えるだけの簡単献立。

すだちが決め手です。

ひと手間加えるだけで、本当に美味。
本来なら、休み前は日本酒を楽しみたいものですが、夏バテ対策で自粛の本日でした。

この記事に関するキーワード

人気のキーワード